建築系大学生による人生の楽しみ方
2010年6月以降はtwitterを連動させております。現在、メインブログは別にあります。
建築系大学院試験対策7
今日書いた記事は、ひとつ前です。


最近、院試の情報を求めて訪問してくださる方がかなり増えてます。
ということで、建築系の院試において全般的に役立つテキストを紹介します。
もちろん、院試を受けない方にもオススメです!



1.建築構法



この本は、建築という分野の現実的な部分がかなりわかりやすくまとめられています。
もちろん、「構法」と名前がついているくらいですから、そういった内容が中心ですが、
「構法」は「構造」にもつながりますし、「計画」にもつながるものだと思います。
学部の内に絶対読んでおきたい1冊。


2.日本建築史図集



かなり多くの大学で使われているテキストのようです。
建築史を教える際の定番テキストとして定着していると思われます。
日本建築学会が編集しているということも、多くの院試で使われている理由のひとつでしょう。

西洋建築史図集
近代建築史図集 新訂版

も同様です。
ただ、個人的には図説 近代建築の系譜―日本と西欧の空間表現を読むがわかりやすくて面白かった気がします。


3.構造力学の基本



ざっくり、構造の計算問題を理解するのに適しています。
静定・不静定の問題だけでなく、
座屈や振動の話も少しだけ出ています。
構造系の人ももちろん、それ以外を専門にしてる方にオススメです。


4.構造力学徹底演習



構造力学は、かなりの問題数をとかなければ、できるようになりません。
近道なんて無い気がします。
実際、構造系ではこのテキストをやってた人が沢山いました。
試験会場でもぼちぼち見かけました。
以前も書きましたが、超オススメです。


5.1級建築士試験学科ポイント整理と確認問題



これも、使ってる人は結構いました。
現在コレの2級バージョンで2級建築士の勉強をしているのですが、
友人に、「院試のときコレ使ってた」
とか言われました。
どの分野も、まとまっていて、インプットだけでなく、
アウトプットの訓練もできるので、持っていて損は無いです。


6.建築環境設備学



この本も、昔からあるもので、名作のようです。
ただ、内容的には少々特殊な気もしてて、
個人的にはポイントで学ぶ建築環境・設備学読本を結構使ってました。


7.名作

小論文・記述問題のときに確実に差がつきます。

建築をめざして
建築について 上   建築について 下
空間・時間・建築 1 新版   空間・時間・建築 2 新版

この辺は、意匠・計画系の人であれば、避けては通れない名著だと思います。
もっと、読むべき本はあるんですが、とりあえず、コレだけ挙げてみました。
ただ、昔のもので、しかも外国語を訳しているわけで、かなり読みづらかったりします。
僕は、おそらく彼らの伝えたかったことの1割も理解してないような気がしますが。。。

都市のイメージ
見えがくれする都市―江戸から東京へ
東京の空間人類学

これらは都市計画系での定番。
「都市のイメージ」は僕は読んでませんが。
「見えがくれする都市」は、都市計画系ならみんな読む本として
学部のときに教えていただきました。
「東京の空間人類学」も同様です。これは読みやすくて面白いです。

関連記事

この記事に対するコメント

こんにちは ちゃっぷさん
この前の遅刻&おちこぼれコメレス
ありがとうございました

遅刻理由ストックには笑いました(⌒▽⌒)

今からたくさんレパートリーを持っていれば
一生「くいっぱぐれ」はありません
【2008/06/06 17:07】 URL | トッタィ #- [ 編集]


>トッタィさん

こちらこそ、コメントありがとうございますm(_ _)m

くいっぱぐれの心配はなくなりますか。。。
とりあえず、人生それが1番大事かも。

ただ、まだ、「電車が遅れてた」しか思い浮かんでません。
【2008/06/06 21:49】 URL | ちゃっぷ #- [ 編集]


はじめまして。現在東京のある私大の建築学科3年生の者です。
院試を考え始めてからはちゃっぷさんのブログをすごく参考にさせて頂いています。
それでいきなりで申し訳ないんですが、質問があるのでお答いただけたら嬉しいです。

今僕は東工大の院の受験を考えているのですが、英語がTOEIC、TOEFL等の
スコア提出ということで英語の勉強をしているのですが、やはりTOEIC730以上
くらいの点数がなければ合格するどころか受験資格も貰えないのでしょうか?
【2008/09/27 17:36】 URL | tom #- [ 編集]


>tomさん

はじめまして!コメントありがとうございます。
TOEICについてですが、
その点数によって足きりされるということはありません。
730あれば、たしか、英語は満点として換算されると思います。
600代後半の後輩が意匠の研究室に受かったので、そのくらいあれば十分かと。

むしろ、配点的に自分の専門が大きな割合を占めてくるので、
そちらのほうを重点的にやった方がよいと思われます!

頑張ってください!!
【2008/09/28 13:27】 URL | ちゃっぷ #- [ 編集]


ご丁寧にありがとうございます!
すこし安心しました。
まあ今600後半もないんですが・・・

色々不安だったんですが・・・
でも専門も含めて頑張っていきたいと思います。
アドバイスありがとうございます。
すごく嬉しいです。
【2008/09/28 17:13】 URL | tom #- [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://dchap.blog28.fc2.com/tb.php/186-f44ba226
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

新版 空間・時間・建築

新版 空間・時間・建築 ロドリゲスインテリーン【2009/12/02 00:50】

プロフィール

ちゃっぷ

Author:ちゃっぷ
建築構造を勉強してる学生だった

リンクフリー

メールは今でも有効です。
お気軽にメールください

chap_in_tit あっとまーく yahoo.co.jp

Amazon売り上げランキングはこちら



来てくれた人数

ちょっとずつ増やしたいです



google



ランキング

ランキングサイト

人気ブログランキング

にほんブログ村 デザインブログ 建築デザインへ

にほんブログ村 大学生日記ブログ 理系大学生へ



twitter

ブログの更新減りそうなのでまたまた公開



ちゃっぷの本棚



僕が使用しているものなど

hhstyle.com



デル株式会社



ikeaのある部屋

メッチャ売れてます!
ちゃっぷ邸が表紙になってます!



月別アーカイブ



カテゴリー



リンク



コメントはハイパー嬉しい



おすすめの本

「白い教会」などでも有名な岡村仁さんや、池田昌弘さんの事務所出身で最近の新建築住宅特集などには必ずと言っていいほど載っている名和研二さんと大野博史さん、また挑戦的な構造で多くの人を魅了する佐藤淳さんなどが、最前線の斬新なアイディアをわかりやすく書かれています。

構造に興味がある人はもちろん、意匠の人もかなり楽しめる超オススメの一冊

トークイベントについては

こちらの記事へ



一番好きな本

池田昌弘さんの本で、たくさんのプロジェクトについて書かれています。

人気の本ですが、今は絶版になっているため、基本的には本屋で手に入れることができません。

僕のバイブルみたいな本です。



ブログ内検索



あし@

    



みんなつけてるので(笑

あわせて読みたいブログパーツ



相互リンクサイト

相互リンク集

相互リンクによるアクセスアップのための自動相互リンク集です。

相互リンク

アクセスアップ支援サイト。相互リンクの登録なら探索マン。

ブログ-爆リンク探偵団

デザイン人気ランキング娯楽部



RSSフィード