建築系大学生による人生の楽しみ方
2010年6月以降はtwitterを連動させております。現在、メインブログは別にあります。
第4回ちゃっぷ作品公開
また落ちたみたい。。。コンペ。
今年はなんとしてでも通る!

え~。。。いつも基本的に共同設計なので、
僕の作品というわけじゃないんですけど(笑

チームのメンバーへ。。。勝手に使っちゃうけど許してね

   ↓


Lines become function-1

Lines become function-2



This space doesn't help the community to form.
People's exchanges are generated in some places.
The line with thickness and the transformed volume generate a happy exchange in people.

I feel a past garden city monotonous by the composition by a uniform town.
It bound by the rule of one site one unit makes resident's connection thin.
We aimed to aim at getting rid of from such a town,
and to make the connection in the inside and outside of the town district in plan now.

First of all, the function (rest room, bath, kitchen garage, storage, and alley)
for the house to need each town district is extracted, and they are paid to the restriction of grid.
The volume of the house penetrates there.
It is prevented from becoming it in a uniform town though it ..restriction of grid.. takes over by adopting
this method.
The alley is a space for the pedestrian, it connects with the adjoined town district, and the town district
and the house become missing one with the town. This gives coloring to scenery in the town district.
This is a result of positively catching the restriction of grid to the end.
The volume of the house can take free shape taking "Function".
In addition, each unit has an indirectly or immediate by the line because each "Function" is respectively on one line.
It has the advantage that it becomes easy to maintain the water surroundings
because it becomes a change only in the volume of the house,
it leads to the decrease of the cost of construction, and "Function" has been installed on the grid.

The grid might be positively caught to the end, and it new made by an obedient way to answer produce a new garden city.



関連記事
この記事に対するコメント
こんにちわ
はじめまして!大学生向けのサイトを開いている山田といいます。
唐突ですが相互リンクしていただけないでしょうか!?
よろしくお願いします( ´_ゝ`)

凄いですね…。僕は大学で有機合成しているんですけど、建築面白そうで羨ましいです。
隣の芝は青いってやつでしょうか。

ラジカルシンキング(http://radithin.com/) ←こちらでよろしくお願いします
隣の山田(http://tonarinoyamada.blog92.fc2.com/
【2009/02/22 12:41】 URL | 山田 #- [ 編集]

管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
【2009/02/22 23:49】 | # [ 編集]


>山田さん

わかりました。加えておきます。
【2009/02/23 02:54】 URL | ちゃっぷ #- [ 編集]


>

コレは模型なんです(笑
周りのヤツはベクターでサクッと作って貼っ付けました。

僕はウィンドウズ使いなので、マック版は持ってないッス。

機会があれば是非!
【2009/02/23 03:02】 URL | ちゃっぷ #- [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://dchap.blog28.fc2.com/tb.php/435-75aa00c6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

ちゃっぷ

Author:ちゃっぷ
建築構造を勉強してる学生だった

リンクフリー

メールは今でも有効です。
お気軽にメールください

dchapkあっとまーくじーめーるこむ

Amazon売り上げランキングはこちら



来てくれた人数

ちょっとずつ増やしたいです



google



ランキング

ランキングサイト

人気ブログランキング

にほんブログ村 デザインブログ 建築デザインへ

にほんブログ村 大学生日記ブログ 理系大学生へ



twitter

ブログの更新減りそうなのでまたまた公開



ちゃっぷの本棚



僕が使用しているものなど

hhstyle.com



デル株式会社



ikeaのある部屋

メッチャ売れてます!
ちゃっぷ邸が表紙になってます!



月別アーカイブ



カテゴリー



リンク



コメントはハイパー嬉しい



おすすめの本

「白い教会」などでも有名な岡村仁さんや、池田昌弘さんの事務所出身で最近の新建築住宅特集などには必ずと言っていいほど載っている名和研二さんと大野博史さん、また挑戦的な構造で多くの人を魅了する佐藤淳さんなどが、最前線の斬新なアイディアをわかりやすく書かれています。

構造に興味がある人はもちろん、意匠の人もかなり楽しめる超オススメの一冊

トークイベントについては

こちらの記事へ



一番好きな本

池田昌弘さんの本で、たくさんのプロジェクトについて書かれています。

人気の本ですが、今は絶版になっているため、基本的には本屋で手に入れることができません。

僕のバイブルみたいな本です。



ブログ内検索



あし@

    



みんなつけてるので(笑

あわせて読みたいブログパーツ



相互リンクサイト

相互リンク集

相互リンクによるアクセスアップのための自動相互リンク集です。

相互リンク

アクセスアップ支援サイト。相互リンクの登録なら探索マン。

ブログ-爆リンク探偵団

デザイン人気ランキング娯楽部



RSSフィード