建築系大学生による人生の楽しみ方
2010年6月以降はtwitterを連動させております。現在、メインブログは別にあります。
スケッチの描き方
日曜日、ジュンク堂へ行ってきたのですが、


久しぶりに見たら、色々と新しい本が出てて、


3時間くらい、立ち読みしてしまいました。

   ↓ read more




んで、ぱっと見、気になったのが、


手塚貴晴の手で描くパース (建築文化シナジー)





手塚さんのパースって、サラッと描いてる感じですが、


分かりやすく、美しく、魅力的ですよね~。


でも、そういうのって、基本的なことが身に付いてるからこそ、できる事なんだな~って思う。


この本には、大学1年生で習うようなパースの描き方の基本も載っていて、


それでいて、場合によっては、普通のパースの描き方の解説本には書かれていない事も書かれている。


あとは、手塚さんの学生時代のパースも載ってて、


それが、ハンパなく美しい。


ちなみに、手塚貴晴+手塚由比 建築カタログ 2も出てました~




あと読んできたのは、


スケッチで学ぶ名ディテール―遠藤勝勧が実測した有名建築の「寸法」
(まだ、画像がなかった)


かなり前にも紹介したのですが、


遠藤先生のスケッチは、マジでハンパないです!


いろんな建築家との対談もあって、面白い1冊。


。。。


。。。


スケッチは、


基本的知識がある上で描くのが基本ですが、


僕は、そこまで得意と言うわけではなかったので、


多少、しっかりした手描きのパースを描くときは、


ベクター(CAD)で簡単に3Dにおこして、


それを基準にして、上からトレペで描いたりしてました。(そのあと、スキャンね


。。。


パースとか勉強してる時、楽しかったな~とか思ったりします。

関連記事
この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://dchap.blog28.fc2.com/tb.php/526-5070ad89
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

手塚貴晴の手で描くパース (建築文化シナジー)

手塚貴晴の手で描くパース (建築文化シナジー) ロドリゲスインテリーン【2009/12/01 23:59】

プロフィール

ちゃっぷ

Author:ちゃっぷ
建築構造を勉強してる学生だった

リンクフリー

メールは今でも有効です。
お気軽にメールください

dchapkあっとまーくじーめーるこむ

Amazon売り上げランキングはこちら



来てくれた人数

ちょっとずつ増やしたいです



google



ランキング

ランキングサイト

人気ブログランキング

にほんブログ村 デザインブログ 建築デザインへ

にほんブログ村 大学生日記ブログ 理系大学生へ



twitter

ブログの更新減りそうなのでまたまた公開



ちゃっぷの本棚



僕が使用しているものなど

hhstyle.com



デル株式会社



ikeaのある部屋

メッチャ売れてます!
ちゃっぷ邸が表紙になってます!



月別アーカイブ



カテゴリー



リンク



コメントはハイパー嬉しい



おすすめの本

「白い教会」などでも有名な岡村仁さんや、池田昌弘さんの事務所出身で最近の新建築住宅特集などには必ずと言っていいほど載っている名和研二さんと大野博史さん、また挑戦的な構造で多くの人を魅了する佐藤淳さんなどが、最前線の斬新なアイディアをわかりやすく書かれています。

構造に興味がある人はもちろん、意匠の人もかなり楽しめる超オススメの一冊

トークイベントについては

こちらの記事へ



一番好きな本

池田昌弘さんの本で、たくさんのプロジェクトについて書かれています。

人気の本ですが、今は絶版になっているため、基本的には本屋で手に入れることができません。

僕のバイブルみたいな本です。



ブログ内検索



あし@

    



みんなつけてるので(笑

あわせて読みたいブログパーツ



相互リンクサイト

相互リンク集

相互リンクによるアクセスアップのための自動相互リンク集です。

相互リンク

アクセスアップ支援サイト。相互リンクの登録なら探索マン。

ブログ-爆リンク探偵団

デザイン人気ランキング娯楽部



RSSフィード